2008年02月26日

英語。

今日、事務所の近くでおじさんが外国の方2人に道を聞かれていました。
私が側を通りかかると、そのおじさんは、そそくさとその責務を私に押し付け、立ち去っていかれましたface08

私は、もともと、英語がしゃべれる方でもなく、さらにこの数年、英語を話していない。
話している内容は聞き取れますが、道順の説明は出来ない。
というよりも、与えられた情報は、目的の住所のみでその場所自体が私には分からないface07

ひととおり内容を把握し、事務所に戻ってネットで検索し、地図を印刷(英語と日本語)し、その外国の方に渡し、「ああだ、こうだ」言いながら・・・。
何とか分かってもらえましたface02ICON59

そして、自分の友達に見せると言って、私を真ん中に3人で写真を撮りましたface02
写真は、メールで送ってあげると。
(捕まった宇宙人みたいになっていないことを祈ります・・・ICON62

そして、最後、彼らは私に向かって「mercibeaucoup」と。
フランスの方でした。。。
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 22:36Comments(0)日記

2008年02月17日

内藤ルネ展。

昨日、内藤ルネ展へ行って来ました。

(画像は、http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.htmlより)

内藤ルネさんは、極東のポップアートと言われる作品を生み出し、その作品は、私も目にしたことはあると思います。
しかし、何せむさくるしい私には「内藤ルネ」という人物やその作品にはこれまでご縁がなかったのですが、チケットを頂いたので行かせて頂きました。
会場にはたくさんの女性で賑わっており、やはり男性は少なかったですね。

ポップアート=アンディーウォーホルしか知らない私ではありましたが、展示されていた作品はどれもポップで可愛らしいものばかり。
時代を考えるとすごいなぁと関心仕切りでした。
日本にもこんなイラストレーターがいたんだなぁと思いながら、無知な私は、そのお名前からてっきり女性だと思っておりましたが、「内藤ルネ」さんは実は男性。
男性がこんな作品を作れるんだなぁと不思議に思っていましたが、展示を見ていると色々と納得。

このような才能を持っておられる方は、素晴らしいなと思い、ポストカードとポスターを購入。
現在の「カワイイ」に繋がる「内藤ルネ」さんの作品で、むさくるしい私も少しはマシになるかな。


美術館「えき」KYOTO開館10周年記念 内藤ルネ展 “ロマンティック”よ、永遠に
◆1月31日(木)~2月17日(日)[会期中無休]
◆開館時間:午前10時-午後8時<入館締切:各日閉館30分前/最終日午後5時閉館>
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:24Comments(0)日記

2008年02月02日

考告。

最近、読んだ本のご紹介。

考告。 企画をヒットさせるために広告クリエイターたちが考えること
考告。 企画をヒットさせるために広告クリエイターたちが考えること一倉 宏 前田 知巳 吉岡 虎太郎

インプレスジャパン 2007-09-19
売り上げランキング : 8932

おすすめ平均 star
starWeb制作者ですが、役に立ちました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前回読んだ「巧告」の姉妹本です。
広告クリエイター達が広告という仕事を通して考えたことや、仕事から見えてきたこと、そしてどのように広告を作り出しているのかが事例を交えて書かれています。
考え方などは参考になる部分も多く、お勧めです。

さて、次はこれまた姉妹本の「効告」を読んでみようと思います。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:44Comments(0)日記

2008年01月31日

川端康成と東山魁夷展

本日は、仕事を途中で抜け出し、現在京都文化博物館で開催されている「川端康成と東山魁夷」展に行ってきました。
川端康成と東山魁夷の交流をベースに東山魁夷の作品を見つめなおそうという企画です。


川端康成と東山魁夷が交わした書簡も展示されていて、二人の親密さが良く分かりました。

東山魁夷は日本画家として認知されていますが、その作品はもちろん日本画のように色彩を抑えた作品もあるのですが、油絵のように艶と立体感のある作品も数多く展示されていました。これは、彼がはじめ油絵を書いていたことや、留学の経験などから影響を受けたのでしょう。素晴らしかったです。
私個人的には、「緑響く」や「冬華」が好きです。

たまにはこういう時間も必要ですね。
なんだか絵が描きたくなってきました。(下手ですが・・・。)

「川端康成と東山魁夷」
京都文化博物館
1月16日~2月24日
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 22:13Comments(0)日記

2008年01月15日

社会起業家という仕事(チェンジメーカーⅡ)

最近、読んだ本のご紹介。
社会起業家という仕事(チェンジメーカーⅡ)です。
チェンジメーカーⅡということで、チェンジメーカーという本の続編です。
世界中の社会起業家と呼ばれる人たちを写真家の渡邊奈々さんがその写真とインタビューを交えて紹介している本です。
前作を読んで、続編が出るのを待ちわびていました。
所々で感情が込み上げ泣いてしまいます。
外で読む時は(私はたいてい本は外で読みますが・・・)、注意が必要です。

この本を読むと、仕事に対してモチベーションが沸いてきます。
それから、色々とインスパイアされます。
事業を通して金儲けもいいでしょう。それがモチベーションを高めるなら・・・。
しかし、社会の問題に対してソリューションを提供し、少しでも世の中を良くしたい、人のために仕事をしたいというなら、こういう生き方もあると思います。(もちろん事業として成り立っているものは、何らかの社会的意義、ソリューションを提供しています。)
この本に紹介されている人たちの志、そして行動力を見習い、私もこういう風に仕事をしたい、生きていきたいと純粋に思えます。
私の大好きな本の一つです。
是非、機会がありましたらご一読ください。

社会起業家という仕事 チェンジメーカーII
社会起業家という仕事 チェンジメーカーII渡邊 奈々

日経BP社 2007-11-01
売り上げランキング : 445

おすすめ平均 star
star世のため、人のため生きる人は、皆いい顔をしている。
star素晴らしい
star海外の社会起業家にも目を向けて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:51Comments(0)日記

2008年01月13日

F.C.Bafana Bafana

フットサルチーム「F.C.Bafana Bafana」のご紹介ですICON53
このチームは、私の中学時代の友人M屋氏が率いるチームで、かれこれ10年以上続いているチームです。
私はフットサルをやりませんが、一応?名誉監督?というポジションを頂き、番号も「7番」を頂いております。
私が株式会社シニア・オン・デマンドを設立した直後にM屋氏が、トライアルジャケット・パンツを作るということで、ジャケットのバックに体験型カタログギフト「プレジャーハンティング」のロゴを入れてもらいました。


スポンサーみたいでなかなかいいでしょface02

私は、毎年チームの忘年会に行かせて頂く位ですが、中学時代の同級生が数多く所属しているため、このチームのおかげで毎年懐かしい顔を見ることが出来ます。
M屋氏!大変でしょうが、あと10年、いや20年は続けてください。
親父になってもボールを追いかけているあなたは素敵ですICON59  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:17Comments(0)日記

2007年12月21日

今年もあと・・・。

今年もあと、数えるほどになってしまいました。
月日が経つのは早いですが、最近は特に早く感じます。

これから、クリスマス、お正月と迎えるわけですが、全くと言っていいほど実感が湧いてきません。
最近、寒くなってきたなぁ、くらいのもんです。

ちゃんと新しい年を迎えられるよう、今年のうちに出来ることは今年のうちに。
そして、新しい気持ちで、来るべき新しい年を迎えられるよう準備をしていきたいと思います。

時節柄、ご自愛くださいませ。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月20日

京都市市民防災センター。

先日、京都市市民防災センターへ行ってきました。
ある方の「防災センターは面白い。」の一言に惹かれ行ってきたわけですが、かなり面白かったですface02
まさにテーマパークでした。

防災センターは、色々と体験できるのですが、まず試したのは、避難体験。

煙の充満した建物内から非常灯を頼りに避難するもの。
煙が充満しているので、一瞬パニックになり、正しいルートを選ぶことがこんなに難しいとは思いませんでした。

次は、消火訓練体験。

消火器でディスプレイに表示された火を消火するもの。
消火器からは、水が噴射されるのですが、ディスプレイの火に当てると鎮火していきます。
「消火成功」や「消火不可能」などの表示が出てきて、ある種ゲームみたいでした。

そして、地震体験、強風体験を試しました。


地震は震度7を、強風は風速32メートルを体験しました。
地震は、立ってられないです。
強風は、息ができないです。

面白かったのは、地震を体験する前に、ガイドさんが、「震度はいかがいたしましょうか?」、そして強風は、「風の強さは3段階ございます。」と聞いてくれたこと。それから、地震の体験中、「余震がまいります」とアナウンスしてくれたこと。
アトラクションですねface02
危険が伴うので、安全上の配慮ですが、あまり聞かれたことがなかったので、面白かったです。

この他にも、3Dサウンドで土砂災害の恐怖が体験できたり、実際に使用されていた消防ヘリに乗って操縦の体験が出来たりと、盛りだくさんのないようでしたICON59



これらの体験はかなり本格的なのですが、これら全て無料で体験できるのは素晴らしいです。
また、普段あまり意識の無い防災についても改めて考えさせられるいい機会になりました。

是非、一度行ってみられることをお勧めします。

(上記写真は、全て京都市市民防災センターのホームページからです。)
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月19日

紅葉。

今更ですが、紅葉です。
先日、お邪魔しましたところがあまりにもきれいでしたので、パチリと。





赤い絨毯が敷き詰められていましたface02
レッドカーペットです・・・。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 20:44Comments(0)日記

2007年12月18日

クリスマスツリー。

先日、仕事で大阪へ。

1件用事を済ませて、次の予定のため、梅田のスカイビルへ。
学生時代は、週2,3回通ってましたが、おそらくそれ以来です。

ここはクリスマスになると大きなツリーが出るんですよねICON120


そして、ドイツのクリスマスということで、屋台が出てました。



  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月17日

ホテルスクリーン。

先日、京都に新しく出来るホテル「スクリーン」のレセプションにお邪魔してきましたICON59




たくさんの方が来られてました。
事務所から近いので、館内を見ている間に、「あっ、どうも。」とご挨拶すること度々。

客室は13室で、全てデザイナーがデザインした斬新なデザイナーズホテルです。
ほとんどの客室を拝見しましたが、一室一室が別世界の非日常です。素敵ですface02

京都での宿泊に新たなシーンが誕生しそうです。
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月16日

酒蔵。

先日、伏見の酒蔵にお邪魔しました。
お酒の仕込みはこの時期ということで、蔵にも入らせていただきました。

蔵の中は、大切な菌のバランスがありますので、靴はスッポリとビニールに覆って、入場。
入った瞬間に、ふーっとお酒の香りが鼻を通ります。

仕込みの樽も見せていただきましたが、醗酵による炭酸ガスがブクブクと、まるで沸騰しているようでした。
色々とご説明も頂きまして、日本酒って奥深いなーと。

しっかりと絞りたてもいただきましたface02  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月15日

間人。

先日、間人に行ってきました。

これまた、あるご縁がご縁を呼び、お邪魔して来たわけですが、いいですねicon14間人ICON59
地元の方とも交流できて、身の厚さが尋常じゃない、すごいおいしい魚を頂いちゃいました。
途中、数名増えて、すぐに移動するつもりがだいぶ長いことお邪魔しちゃいましたね。すいません。
色々とご馳走になりましたface02


生憎の空模様のため、船には乗れませんでしたが、この季節といえばやはり蟹ということで、夕食はおなか一杯頂いてきましたface02
夕食風景は少しプライベートすぎるので、写真はちょっと・・・。

翌日、琴引浜へ。
天然記念物の「泣き砂」が有名ですが、こちらも生憎、砂が湿っていて砂は泣かず・・・。
近くの海の家っぽいところで、サンプルがあったので、泣かしてみました。
砂同士が擦れあって、音が出るのですが、面白くしばらく泣かせてやりました・・・。

途中、地元のお祭りにも参加ICON59
焼き牡蠣を振舞っておられたので、いただきました。

また、伊根町にも足を伸ばし、舟屋を見学。

海に家が建ってます。1階部分は船が収容される、いわばガレージ。
反対側から見ると普通の家なんですけどね。

そして、天橋立を経由して、帰ってまいりました。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月14日

庵さんの町家。

先日、町家に泊まるをご提供されておられる「」さんの新しい町家がオープンされるということで、お邪魔してきましたICON59
新しい町家は、祇園の新門前に位置し、非常に周りの環境と雰囲気と相まって、風情のある雰囲気を醸し出してましたface02



私、個人的にお気に入りはお風呂です。

お風呂に入りながら、お庭が見れますICON113
引き戸を開けて、何ならそのままお庭にも出られますface02
気持ち良さそうでしたICON63

そして、会長のアレックス・カーさんが書かれた書です。

「乾坤一擲」
素晴らしいの一言です。

遅めにお邪魔しましたが、大変多くの方が来られてました。
個人的に泊まってみたいです。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(2)日記

2007年12月13日

ザ・シークレット。

先日、ある方からお借りしました、「ザ・シークレット」という本を読みました。
ザ・シークレット
ザ・シークレットロンダ・バーン 山川 紘矢 山川 亜希子

角川書店 2007-10-30
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star思いがそのまま実現する!
star総まとめ本
star読み辛い翻訳ですね。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自己啓発本というか、「思考は現実化する」ですね。
なかなか文中にいいフレーズがありました。
「あなたは人生の分岐点に来ています。・・・あなたはこの世に何かをするために生まれてきました。何か価値を与えるために生まれてきたのです。ただ、昨日より、少し大きく、少し良くなること、ただ、それだけで良いのです。」

このジャンルの本は、読んだ時点の自分の気持ちによって感じ方、考え方が異なると思います。
側において、時間を置いてから、また読みたいのですが、借り物なので返します。

本を貸してくれた親切な方、ありがとうございますface02  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:26Comments(0)日記

2007年12月04日

コラム執筆。

本日は、宣伝です。
これまた、とあるご縁でコラムなるものを執筆させていただくことになりました。
bーコラム

ビワローブさんのウェブ上に掲載されます。

「素敵な時間の過ごし方」というテーマで、弊社がご提供させていただいている体験型カタログギフトをベースに書かせていただいております。

こちらもよろしければ、是非ご覧下さい。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:22Comments(0)日記

2007年11月28日

布袋さん。

先日、あるお茶会にお邪魔してきました。
あまり経験の無いことなので、若干の緊張もしながら、和菓子を頂戴しつつ、先生のお点前をじーっと凝視していました。

素晴らしいICON59
先生の動きに見とれておりました。
もちろん、点てていただいたお茶もおいしかったです。

その席で、抽選があり、当たってしまいましたICON59

布袋さんです。

頂いた布袋さんは、事務所の机の上に飾らせていただいております。
見てると、幸せな気分になります。

先生、ありがとうございましたface02  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:15Comments(0)日記

2007年11月28日

アジェ。

先日、念願のホルモン焼き「アジェ」さんに行ってきました。


話に聞いていた通り、ホソがおいしかったです。
ここのホルモン食べると、他では食べられませんね。

近いうちにまた行きたいです。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:06Comments(2)日記

2007年11月24日

一期一会。

昨日は、思わぬ出会いがありました。
なんとも、自然に引き込まれるような。

いつも通る、いつもの道。
あらゆる要素が絡み合い、その時、その場所、その方が。
その方とは、私が以前にご連絡させていただいた方。

そして、あるキッカケが・・・。
初めて言葉を交わし、お互いを知っていく。
その流れは、川の流れのように、自然に、そしてゆっくりと。

私は、その方をもちろん存じ上げておりましたが、その方も覚えていてくださっていた。
点と点が繋がって・・・。
私だけでなく、私と一緒にいた方も繋がりました。

世間は(京都は?)狭いようです。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:03Comments(0)日記

2007年11月13日

ついに入院・・・。

入院するのは、私ではなく、私の愛車。


ついに、前輪もパンクし、自転車屋さんに入院です。
ついこの前、後輪がパンクして直したばかりだったのですが、この際なので、前後輪の足回りも取り替えます。

もうすぐ退院するので、迎えに行かないと・・・。
こいつがいないと仕事になりませんface02  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:56Comments(0)日記