2007年05月12日

思い込み。

先日、ある社長様から頂いた本の中に、「観念」に関する記述がありました。

「観念」とはその人が持つフィルターであり、それを外すことはできない。
しかし、物事を正確に見ようとする姿勢は重要である。

というようなことが書かれていました。

確かに、その通りでいくら客観的に物事を見ようとしても、それを目で見て、脳が判断すればそこに主観が入るのは当然です。しかし、本当にそうなのかと一度考えることも必要かと思います。

昨日、私自身がこのことを経験しました。
ある方に指摘され、小さなことですが方向転換することができました。
そのまま進んでいると、弊社の利益にはなるのですが、方向転換することで2倍、3倍の利益になるということに気付かせていただきました。

戒めとして、できるだけ冷静で客観的な思考を身に付けたいです。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:53Comments(2)ビジネス