2007年09月07日

The Story of Senior on Demand⑤

色々と考える中で、「幸せとは何だろう?」と考え始めるのです。
どうしたら幸せになれるのだろう?
そもそも、幸せとは?
自分にとっての幸せとは?
・・・・・・・・・・・悩みました、考えました。

そして、その時に出した答えは、
「自分が納得した生き方が出来たかどうか」です。
言葉にすると、少しニュアンスが違うかなとも感じますが、言葉にしないと表現できないので、あえてこのように書きます。
まぁ、簡単に言うと、
「自分が死ぬ時に幸せだったと思って逝けるかどうか」
「自分の人生を振り返って笑って死ねるかどうか」

そして、納得した人生を送るためには、納得した仕事をしないといけない。
まして、仕事とは自分の人生の大半の時間を注ぎ込むものですので、そうすると、「自分の中で納得した仕事をしたい」という思いが出てきました。
と同時に、「サラリーマンとして、自分の納得した仕事をし続けることが出来るのか?」という疑問も出てきました。
当時は、不況の真っ只中。
就職も結構厳しい時代で、希望の仕事に就けるかどうかも厳しい状況でした。
(実際は、希望の仕事に就けるかどうかは、あまり好不況は関係ありませんが。少しは関係あるか?)

そんな中、自分の納得した仕事をしたい、命を賭けられる仕事をしたいと思うようになりました。
じゃ、どうするか。
自分でやるしかない。
というわけで、起業というものが見えてきました。
(起業に対する意識は、色々な要因が同時並行的に絡まりあい、これだけで起業に至ったわけではありません。そもそも、あまり意識もしていませんでした。)


⑥へつづく・・・。   


Posted by ヨシダ クニヒコ at 10:00Comments(0)会社設立