2007年12月31日

大晦日。

今日は、大晦日です。

今年一年、色々とありました。
多くの方のご協力を頂き、そして支えていただきました。
ありがとうございました。

来年は、さらに力を入れて、色々なことに取り組んでいきたいと思います。
ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

皆様、良いお年をお迎えください。  
タグ :大晦日正月


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:46Comments(0)ビジネス

2007年12月31日

コラム2回目。

私が書かせていただいた、第2回目のコラムがビワローブさんのウェブ上にアップされました。



今回のテーマは乗馬です。
よろしければ、こちらよりご覧ください。
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:41Comments(0)ビジネス

2007年12月22日

インスピレーション。

本日は、とあるコンペのブラッシュアップのため、中小企業診断士の方とディスカッション。
1時間ほどのお時間を頂き、色々と議論しました。

最近、モヤモヤしている部分が常にあったのですが、今日のディスカッションで、インスピレーションを受け、先に光のようなものが見えました。

私にとっては、もっとこういった時間を作らないといけないなと再認識。
最近、あまりこういう時間を作ってなかったと反省。整理は2日前にしましたけどね。

コンセプトは揺るぎません。
いわばコンセプトは幹の部分。
しかし、枝葉はいかようにも伸ばしていけます。

今後の私のためにも。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)ビジネス

2007年12月21日

今年もあと・・・。

今年もあと、数えるほどになってしまいました。
月日が経つのは早いですが、最近は特に早く感じます。

これから、クリスマス、お正月と迎えるわけですが、全くと言っていいほど実感が湧いてきません。
最近、寒くなってきたなぁ、くらいのもんです。

ちゃんと新しい年を迎えられるよう、今年のうちに出来ることは今年のうちに。
そして、新しい気持ちで、来るべき新しい年を迎えられるよう準備をしていきたいと思います。

時節柄、ご自愛くださいませ。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月20日

京都市市民防災センター。

先日、京都市市民防災センターへ行ってきました。
ある方の「防災センターは面白い。」の一言に惹かれ行ってきたわけですが、かなり面白かったですface02
まさにテーマパークでした。

防災センターは、色々と体験できるのですが、まず試したのは、避難体験。

煙の充満した建物内から非常灯を頼りに避難するもの。
煙が充満しているので、一瞬パニックになり、正しいルートを選ぶことがこんなに難しいとは思いませんでした。

次は、消火訓練体験。

消火器でディスプレイに表示された火を消火するもの。
消火器からは、水が噴射されるのですが、ディスプレイの火に当てると鎮火していきます。
「消火成功」や「消火不可能」などの表示が出てきて、ある種ゲームみたいでした。

そして、地震体験、強風体験を試しました。


地震は震度7を、強風は風速32メートルを体験しました。
地震は、立ってられないです。
強風は、息ができないです。

面白かったのは、地震を体験する前に、ガイドさんが、「震度はいかがいたしましょうか?」、そして強風は、「風の強さは3段階ございます。」と聞いてくれたこと。それから、地震の体験中、「余震がまいります」とアナウンスしてくれたこと。
アトラクションですねface02
危険が伴うので、安全上の配慮ですが、あまり聞かれたことがなかったので、面白かったです。

この他にも、3Dサウンドで土砂災害の恐怖が体験できたり、実際に使用されていた消防ヘリに乗って操縦の体験が出来たりと、盛りだくさんのないようでしたICON59



これらの体験はかなり本格的なのですが、これら全て無料で体験できるのは素晴らしいです。
また、普段あまり意識の無い防災についても改めて考えさせられるいい機会になりました。

是非、一度行ってみられることをお勧めします。

(上記写真は、全て京都市市民防災センターのホームページからです。)
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月19日

紅葉。

今更ですが、紅葉です。
先日、お邪魔しましたところがあまりにもきれいでしたので、パチリと。





赤い絨毯が敷き詰められていましたface02
レッドカーペットです・・・。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 20:44Comments(0)日記

2007年12月18日

クリスマスツリー。

先日、仕事で大阪へ。

1件用事を済ませて、次の予定のため、梅田のスカイビルへ。
学生時代は、週2,3回通ってましたが、おそらくそれ以来です。

ここはクリスマスになると大きなツリーが出るんですよねICON120


そして、ドイツのクリスマスということで、屋台が出てました。



  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月17日

ホテルスクリーン。

先日、京都に新しく出来るホテル「スクリーン」のレセプションにお邪魔してきましたICON59




たくさんの方が来られてました。
事務所から近いので、館内を見ている間に、「あっ、どうも。」とご挨拶すること度々。

客室は13室で、全てデザイナーがデザインした斬新なデザイナーズホテルです。
ほとんどの客室を拝見しましたが、一室一室が別世界の非日常です。素敵ですface02

京都での宿泊に新たなシーンが誕生しそうです。
  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月16日

酒蔵。

先日、伏見の酒蔵にお邪魔しました。
お酒の仕込みはこの時期ということで、蔵にも入らせていただきました。

蔵の中は、大切な菌のバランスがありますので、靴はスッポリとビニールに覆って、入場。
入った瞬間に、ふーっとお酒の香りが鼻を通ります。

仕込みの樽も見せていただきましたが、醗酵による炭酸ガスがブクブクと、まるで沸騰しているようでした。
色々とご説明も頂きまして、日本酒って奥深いなーと。

しっかりと絞りたてもいただきましたface02  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月15日

間人。

先日、間人に行ってきました。

これまた、あるご縁がご縁を呼び、お邪魔して来たわけですが、いいですねicon14間人ICON59
地元の方とも交流できて、身の厚さが尋常じゃない、すごいおいしい魚を頂いちゃいました。
途中、数名増えて、すぐに移動するつもりがだいぶ長いことお邪魔しちゃいましたね。すいません。
色々とご馳走になりましたface02


生憎の空模様のため、船には乗れませんでしたが、この季節といえばやはり蟹ということで、夕食はおなか一杯頂いてきましたface02
夕食風景は少しプライベートすぎるので、写真はちょっと・・・。

翌日、琴引浜へ。
天然記念物の「泣き砂」が有名ですが、こちらも生憎、砂が湿っていて砂は泣かず・・・。
近くの海の家っぽいところで、サンプルがあったので、泣かしてみました。
砂同士が擦れあって、音が出るのですが、面白くしばらく泣かせてやりました・・・。

途中、地元のお祭りにも参加ICON59
焼き牡蠣を振舞っておられたので、いただきました。

また、伊根町にも足を伸ばし、舟屋を見学。

海に家が建ってます。1階部分は船が収容される、いわばガレージ。
反対側から見ると普通の家なんですけどね。

そして、天橋立を経由して、帰ってまいりました。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(0)日記

2007年12月14日

庵さんの町家。

先日、町家に泊まるをご提供されておられる「」さんの新しい町家がオープンされるということで、お邪魔してきましたICON59
新しい町家は、祇園の新門前に位置し、非常に周りの環境と雰囲気と相まって、風情のある雰囲気を醸し出してましたface02



私、個人的にお気に入りはお風呂です。

お風呂に入りながら、お庭が見れますICON113
引き戸を開けて、何ならそのままお庭にも出られますface02
気持ち良さそうでしたICON63

そして、会長のアレックス・カーさんが書かれた書です。

「乾坤一擲」
素晴らしいの一言です。

遅めにお邪魔しましたが、大変多くの方が来られてました。
個人的に泊まってみたいです。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 00:05Comments(2)日記

2007年12月13日

ザ・シークレット。

先日、ある方からお借りしました、「ザ・シークレット」という本を読みました。
ザ・シークレット
ザ・シークレットロンダ・バーン 山川 紘矢 山川 亜希子

角川書店 2007-10-30
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star思いがそのまま実現する!
star総まとめ本
star読み辛い翻訳ですね。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自己啓発本というか、「思考は現実化する」ですね。
なかなか文中にいいフレーズがありました。
「あなたは人生の分岐点に来ています。・・・あなたはこの世に何かをするために生まれてきました。何か価値を与えるために生まれてきたのです。ただ、昨日より、少し大きく、少し良くなること、ただ、それだけで良いのです。」

このジャンルの本は、読んだ時点の自分の気持ちによって感じ方、考え方が異なると思います。
側において、時間を置いてから、また読みたいのですが、借り物なので返します。

本を貸してくれた親切な方、ありがとうございますface02  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:26Comments(0)日記

2007年12月04日

コラム執筆。

本日は、宣伝です。
これまた、とあるご縁でコラムなるものを執筆させていただくことになりました。
bーコラム

ビワローブさんのウェブ上に掲載されます。

「素敵な時間の過ごし方」というテーマで、弊社がご提供させていただいている体験型カタログギフトをベースに書かせていただいております。

こちらもよろしければ、是非ご覧下さい。  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 19:22Comments(0)日記