2008年01月15日

社会起業家という仕事(チェンジメーカーⅡ)

最近、読んだ本のご紹介。
社会起業家という仕事(チェンジメーカーⅡ)です。
チェンジメーカーⅡということで、チェンジメーカーという本の続編です。
世界中の社会起業家と呼ばれる人たちを写真家の渡邊奈々さんがその写真とインタビューを交えて紹介している本です。
前作を読んで、続編が出るのを待ちわびていました。
所々で感情が込み上げ泣いてしまいます。
外で読む時は(私はたいてい本は外で読みますが・・・)、注意が必要です。

この本を読むと、仕事に対してモチベーションが沸いてきます。
それから、色々とインスパイアされます。
事業を通して金儲けもいいでしょう。それがモチベーションを高めるなら・・・。
しかし、社会の問題に対してソリューションを提供し、少しでも世の中を良くしたい、人のために仕事をしたいというなら、こういう生き方もあると思います。(もちろん事業として成り立っているものは、何らかの社会的意義、ソリューションを提供しています。)
この本に紹介されている人たちの志、そして行動力を見習い、私もこういう風に仕事をしたい、生きていきたいと純粋に思えます。
私の大好きな本の一つです。
是非、機会がありましたらご一読ください。

社会起業家という仕事 チェンジメーカーII
社会起業家という仕事 チェンジメーカーII渡邊 奈々

日経BP社 2007-11-01
売り上げランキング : 445

おすすめ平均 star
star世のため、人のため生きる人は、皆いい顔をしている。
star素晴らしい
star海外の社会起業家にも目を向けて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  


Posted by ヨシダ クニヒコ at 18:51Comments(0)日記