2007年08月28日

モラル。

本日は、朝から気分が悪い。
なぜか。
事務所に向かう途中に、気分の悪い行為を見たからだ。
それは、車の窓から平気でゴミを捨てる行為。

なぜ、そんな行為が出来るのか理解できない。
事務所に着くまで、その人がどういう考えをしているのか色々考えてみたが、とうてい分からなかった。
そいつは、その行為を人に見られて何も思わないのか?
そのゴミが、その後どうなるか考えていないのか?
公共の場を汚しても誰かが何とかしてくれる・・・。
環境問題。
コモンズの悲劇。

色々考えたが、かっこ悪いよ・・・あんた。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
上柳 宏彰 展。
リア王。
大衆演劇「劇団 都」都若丸。
祇園祭 還幸祭。
紫陽花@三室戸寺。
お花見@鴨川。
同じカテゴリー(日記)の記事
 大晦日。 (2008-12-31 17:30)
 上柳 宏彰 展。 (2008-11-22 16:00)
 リア王。 (2008-11-21 21:17)
 御手洗祭。 (2008-07-31 00:05)
 大衆演劇「劇団 都」都若丸。 (2008-07-30 15:17)
 祇園祭 還幸祭。 (2008-07-26 17:59)

Posted by ヨシダ クニヒコ at 08:16│Comments(6)日記
この記事へのコメント
はじめまして。
私も目の前でゴミを捨てる光景見た事あるんです!
交差点で私のすぐ前にいた10代半ばの女の子が
飲んでいた紙パックの牛乳を普通に
放り投げたんです・・・。
あまりにも堂々と目の前でされて絶句でした・・。
本当に悲しい気分になりますね。
モラルが低下してるのかな・・・と悲しくなりますが
モラルある人だってたくさんいるんだから!と
思いながら捨てられたその牛乳パックを近くの
ゴミ箱に捨てました。
Posted by Dora at 2007年08月28日 14:21
Doraさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

本当にどうすればそんなことが出来るんでしょうかね。
Doraさんは、牛乳パックをゴミ箱へ捨てられたのですね。
その行動は大変素晴らしいと思います。
なかなかそのような行動が出来ず、見ているだけの人も多いですからね。
かくゆう私も、車道の真ん中だったとは言え、そのゴミをゴミ箱へ入れることは出来ませんでした。
Doraさんの行動を見習いたいと思います。
Posted by 吉田 邦彦 at 2007年08月28日 19:47
こんばんは。
私もちょうど最近、このゴミのポイ捨ての件について友達と話していたところなので、書き込みさせていただきます。

小さな物・大きな物関係なく、ポイ捨てできる心がなぜなのか知りたいところなのですが、捨ててる本人さんは、「なぜ捨てて悪いの?」らしいです。
友達の知り合いが車の灰皿にたまった吸殻を窓からザーーッと捨て、
ビックリして「何してんの?!」と聞いたところ、「だって車が臭くなるし。」ですって!!目が点・・・・・・・ですよね?
いい大人になってこういったことをするということは、自分のおかしさに気付いていないので、そこに論議のしようがなかった。。。と、言ってました。
人・物事に無関心な人も多い世の中、自分の行為によってその後どうなるか?など考えて行動する人も少なくなってきてるのかなぁ。。。
悲しいことですよね。
Posted by lhhwa at 2007年08月28日 22:27
こんばんは。
私は消防団に所属していることもあり、年に何度か地域のゴミ拾いに参加しています。そこではタバコの吸殻や空き缶が可愛く見えるくらいの大きなゴミにまみれた植え込みを目の当たりにすることもしばしばだったりします。

ただ、そのようなゴミを町中に散らす人が一生をそのままにずっと生きるかと言えば、そうでは無いと思います。

人は完璧ではありませんよね。善い行いをするときもあれば、悪い行いをすることもある。そんな人同士が繋がりあって社会が出来ている。その瞬間瞬間で、善い行いをする人物と悪い行いをする人物が入れ替わったりする、そういうこともあると思います。

毒も薬も飲み込むというか、善悪問わず人と付き合える、そんな人になれたらいいなと思います。
Posted by のり at 2007年08月28日 23:05
lhhwaさん
コメントありがとうございます。

>捨ててる本人さんは、「なぜ捨てて悪いの?」らしいです。
その思考回路が理解できないですね。
おそらく、自分しか見えていないのでしょうね。
自分が良ければそれでいい。
そういう方は、結局、自分の価値というものも一緒にポイ捨てしてるんですけどね。
Posted by 吉田 邦彦 at 2007年08月29日 19:23
のりさん
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、人は完璧ではありませんので、善い行いもすれば、悪い行いもします。
ただ、悪い行為に対しては、許せないという気持ちは必要かと思います。
「罪を憎んで、人を憎まず」です。
悪い行為、そしてその行為に至る考え方を良い方向に持って行くことで、良い社会が出来ていくのが理想かと思います。
現実は、違ったりしますが・・・。
Posted by 吉田 邦彦 at 2007年08月29日 19:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。