2007年09月09日

The Story of Senior on Demand⑥

自分の中で、色々と考えて、起業という選択肢も出てきたわけですが、この時点では、あくまで選択肢で、おぼろげにある程度です。

そして、人生ということについて、まだまだ考え方を巡らせているうちに、人生の一番身近な先輩として自分の父親が頭に出てきました。
自分の父親が、社会人としてどのように生きてきたのか、どのような仕事をしてきたのか。
普通はこう考えるでしょう。
私も、もちろん考えました。

しかし、ちょうどその時、父の年齢が定年を迎える少し手前で、なぜか父の定年後に考えが及びました。
就職活動中だったので、もちろん仕事や社会人ということについて考えていたのですが、それだけではなく、「いかに人生を幸せに生きるか」ということを考えていたので、定年後というものにも考えが及んだのでしょう。


注)当時の私は、仕事や働くことについて、必ずしもいいイメージを持っていませんでした。
(当時は、バブル崩壊で、潰れないと言われていた銀行が経営破綻し、不祥事が続発しており、そのイメージが強かったためだと思います。もちろん、前職の銀行員を通してや、現在の状況の中で、仕事や働くということについては、とても自分にとって貴重なことで、いい意味でそれらは自分の中心になっています。)
当時と今とでは、明らかに仕事や働くことに対する価値観が変わっています。
当時(就職活動初期)は、仕事は他人が自分を見たときの評価指標であり、労働力を供給する代わりに金銭的対価を得るという考え方でした。だから、俗に言ういい会社に入って、高い給料をもらうサラリーマンになるかと・・・。
あくまで、自分があり、それに仕事という付属品が付いて回るという感じでしょうか。
しかし、今は、仕事を通して、世の中や社会に対して何かを実現させること。自分という存在を仕事を通して社会と関わらせること。そしてその対価として、金銭的対価を受け取るという感じで、それらの位置付けや優先順位が変わってきています。
(あくまで、価値観の話なので、正解はございません。)

⑦へつづく・・・。 


同じカテゴリー(会社設立)の記事画像
The Story of Senior on Demand⑨
The Story of Senior on Demand⑧
The Story of Senior on Demand⑦
The Story of Senior on Demand⑤
The Story of Senior on Demand④
The Story of Senior on Demand③
同じカテゴリー(会社設立)の記事
 The Story of Senior on Demand⑨ (2007-10-30 22:11)
 The Story of Senior on Demand⑧ (2007-10-05 17:45)
 The Story of Senior on Demand⑦ (2007-09-16 22:44)
 The Story of Senior on Demand⑤ (2007-09-07 10:00)
 The Story of Senior on Demand④ (2007-09-06 21:31)
 The Story of Senior on Demand③ (2007-09-03 22:12)

Posted by ヨシダ クニヒコ at 17:39│Comments(0)会社設立
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。